e-電動自転車
電動自転車

利点と欠点

普通の自転車だと、押して歩かなければならないような急な坂道でも、乗ったままスイスイ上っていくことができる電動自転車。良いことばかりに思いますが、安全に正しく使うには、デメリットも知っておかなくてはいけません。ここでは、電動自転車の利点と欠点を紹介していきましょう。

利点

電動自転車の利点を大きく4つに分けて紹介しましょう。どんな利点があるのでしょうか。

坂道を少ない力で上れる

サイクリング

電動自転車は、こぐ力をアシストしてくれます。そのため、こぐ力はこれまでの半分あればいいので、坂道も少ない力で上ることができます。きつい坂道でも電動自転車があれば、サドルから腰を浮かせて立った状態でこいだり、わざわざ自転車から降りて押して歩く必要もありません。

重い物を乗せても平気

ペダル

電動自転車に搭載されているアシスト機能は、ペダルにかかる負荷を感知したときに作動するので、何か重い物を載せたりするときにも便利です。飲み物や調味料類、お米といった食料品をはじめ、土や肥料などの園芸用品までも楽に運ぶことができます。

楽に遠くまで行ける

サイクリング

今は、普通の自転車でも遠出をする人が結構いますが、電動自転車を使えばかなり楽になります。天気の良い日は、ちょっと遠くまで出かけてみませんか。もちろん休日のサイクリングに限らず、普通の自転車で通うには少し職場が遠いな……という人にもお勧めです。

体力に自信のない人でも大丈夫

高齢の方など、体力にあまり自信のない人でも気軽に乗ることができます。膝などにも負担をあまりかけずに済むため、普段それほど体を動かさない人でも電動自転車に乗るだけで良い運動になります。

欠点

「ここが使いにくい」「こうだったら良いのに」など、欠点だと思うことは人それぞれ。電動自転車の主な欠点を紹介します。

バッテリーが切れると重くなる

電動自転車の車体、バッテリー共に、以前よりもずいぶん軽量化されています。それでも、まだ普通の自転車に比べると、重いと感じてしまうでしょう。途中でバッテリーが切れてしまった場合には、その重さが倍増します。こぐことはできますが、脚力の弱い人は大変かもしれません。

充電の手間が必要

電動自転車を使う上で最も重要なことは、バッテリーの充電です。バッテリーが切れてしまったら、重い自転車に乗るはめになるので、定期的にしっかり充電するようにしましょう。バッテリーの減りは使用頻度にもよりますが、使う前日に必ず充電しておくと安心です。

バッテリーの交換が必要

バッテリー

充電を繰り返しているうちに、次第に走行可能な距離が短くなっていき、最後にはバッテリー自体を交換しなければならなくなります。バッテリーも消耗品ということを覚えておきましょう。


普通の自転車よりも高価

今は様々な種類の電動自転車が発売され、低価格のものが数多くあります。一般的には6~10万円前後の価格帯です。普通自転車の価格も種類やメーカーによってピンキリですが、通常のシティサイクルなら1~2万円程度で購入できます。電動タイプは、モーターやバッテリーが付いていることもあって、高価になっています。

基礎知識のカテゴリーへ
種類のカテゴリーへ
選び方のカテゴリーへ
人気メーカーのカテゴリーへ
Q&Aのカテゴリーへ