e-電動自転車
電動自転車

パナソニック

パナソニック株式会社は、日本の大手総合家電メーカーで、世界でもトップクラスに君臨しています。家電製品だけではなく、事業の1つとして、自転車の製造販売も行っています。中でも、電動自転車に関しては数多くの品揃えがあり、品質も良いので、購入の際には選択肢の1つに入れましょう。

概要

国内大手家電メーカーのパナソニック株式会社は、海外でも有名で高い評価を得ています。今や国内外に数多くの拠点を持つパナソニックは、1918年に創業者の松下幸之助が自ら考え出したアタッチメントプラグを製造・販売したところからスタートしています。 2011年4月をめどに、パナソニック電工と三洋電機がパナソニックの完全子会社になることが発表され、家電製品以外の通信機器や住宅設備関連製品のバリエーションもますます増えていくに違いありません。

松下電器からパナソニックへ

1918年に「松下電気器具製作所」を創立し、ソケットや車用ランプ、ラジオなどの様々な製品を製造・販売していく中、1935年12月には社名を「松下電器産業株式会社」に変更しました。そして、その名前は多くの人々に親しまれると共に、海外進出を果たすなど大きな企業へと成長していったのです。 2008年10月、世界的にも知名度の高かったブランド名「パナソニック」を社名に取り入れ、「パナソニック株式会社」に変更されました。

取り扱い製品

パナソニック株式会社は家電製品に限らず、様々な製品を製造・販売し、幅広い事業展開を見せています。6つの事業部門と、それぞれの主な取り扱い製品を紹介します。

事業部門 製品
デジタルAVCネットワーク 映像・音響機器、情報・通信機器等
アプライアンス 家庭電化機器、照明、環境システム等
電工・パナホーム 電材・電気器具、住宅設備建材・住宅関連製品等
デバイス 半導体、電子部品、電池、モーター等
三洋電機 太陽電池、リチウムイオン電池、光ピックアップ等
その他 FA機器(工場内の自動化に用いる機器)、産業機器等

自転車の製造・販売

上記の表にはありませんが、パナソニックが扱っている製品の1つに、自転車が挙げられます。自転車の製造・販売は、パナソニックグループの自転車メーカー「パナソニック サイクルテック株式会社」で行われ、自転車メーカーとしても知られています。1952年に「ナショナル自転車工業株式会社」として設立し、2006年7月、現在の社名になりました。 実用車、女性用、子供用、スポーツ用など様々な種類の自転車が揃っていますが、その中でも電動自転車は大人気となっています。というのも、パナソニック株式会社という大きな親会社があるため、電気関係のことは得意なのです。なので、ヤマハ同様、電動自転車業界をリードしているブランドと言えるでしょう。

電動自転車ブランドの特長

パナソニックの電動自転車ブランドと言えば、「ViVi(ビビ)」シリーズが有名です。スタンダードモデルから坂道に強いタイプ、コンパクトタイプ、スポーツタイプ、子供乗せタイプなど、用途によって細かく種類分けされているのが「ViVi(ビビ)」シリーズの特長と言えます。たくさんの種類の中から、必ずお気に入りが見つかるでしょう。 「ViVi(ビビ)」シリーズの新モデルは、ライトが違います!4灯のLEDの横にオレンジマーカー2灯が付き、明るさが今までのライトよりも倍増しています。これで、夕方から夜間にかけての走行も安心です。

女性に人気の電動自転車!

「ViVi(ビビ)」シリーズのほかに、お勧めなのが「A.girl’s(エーガールズ)」!これは、人気女性誌「InRed(インレッド)」とのコラボによって誕生したモデルです。大人の女性向けに、可愛くシンプルなデザインで、乗り心地良く作られています。また、電動自転車のフレームカラーとお揃いのバスケットインナーバッグが標準装備されているのも嬉しいですね!

基礎知識のカテゴリーへ
種類のカテゴリーへ
選び方のカテゴリーへ
人気メーカーのカテゴリーへ
Q&Aのカテゴリーへ