e-電動自転車
電動自転車

三洋電機

家電メーカーとして有名な三洋電機ですが、電動自転車に関しても、とても高品質の製品を扱っていることで人気があります。大手メーカーである三洋電機の電動自転車は、たいていどこのお店でも購入することができます。電動自転車の購入なら、三洋電機の製品もお勧めですよ。

概要

パナソニック株式会社の創業者、松下幸之助の義弟の井植歳男が1947年に、自転車用発電ランプの製造権と工場の1つを松下幸之助から譲り受け、「三洋電機製作所」を創業しました。1950年には「三洋電機株式会社」を設立し、3年後、噴流式洗濯機を発売して大ヒットしたことから有名になりました。 2009年にパナソニックの子会社となった三洋電機ですが、2011年4月をめどに、完全子会社になることが発表されました。さらにSANYOブランドも、パナソニックブランドへの統一が検討されています。

縁の下の三洋電機!?

三洋電機は、家電製品を中心に様々なヒット商品を生み出し、多くの人気を集めてきました。自社ブランドの家電製品のシェアは小さいですが、電池類などを商品化する技術は優れていて、他社ブランド製品の製造に用いられるものの供給率は高くなっています。このことから「縁の下の三洋」と言われることもあります。

取り扱い製品

家電製品を中心に、様々な人気商品を発売している三洋電機。ここで、主な取り扱い製品を見てみましょう。

事業部門 製品
コンシューマ部門 映像・音響機器 液晶テレビ、デジタルカメラ、デジタルオーディオプレイヤー、ICレコーダー等
情報・通信機器 電話機、ファックス、カーナビ等
生活家電 洗濯乾燥機、空気清浄機、電動自転車、掃除機、シェーバー、炊飯器等
住宅用設備機器 エコキュート、太陽光発電システム等
コンシューマゲーム 3DOのゲームソフト、プレイステーション等
コマーシャル部門 業務用空調機、業務用大型プレハブ、ショーケース(コンビニ・スーパーマーケット用)、医療・研究機器等
コンポーネント部門 二次電池、太陽電池、半導体、電子部品等

自転車の製造・販売

三洋電機は家電メーカーなので、自転車の場合は電動自転車のみを取り扱っています。初めて発売したのは、1996年のことになります。電動自転車を製造・販売し始めて、まだ年数が浅いにもかかわらず、その品質の良さで好評を得ていますが、なぜでしょう?それは、電気自転車に特化して生産しているため、細かな部分まで目が行き届いた結果、良いものを作ることができるというわけです。 また、電気機器メーカーならではのメリットがあります。電動自転車で心配なのが電気系統の故障ですが、それは電気機器メーカーの得意分野なので、安心して修理してもらえます。

電動自転車ブランドの特長

三洋電機の電動自転車ブランドは、「eneloop bike(エネループ バイク)」と言います。このブランドは、「繰り返し使うものだから、環境に優しい電動自転車を」という考えから誕生しました。長距離走行モデル、スポーティーな軽量モデル、小径折りたたみモデル、ビジネスモデルなどがサイズやカラー別に揃っています。 ここで、「eneloop bike(エネループ バイク)」の主な特長を紹介しましょう。

ループチャージ

自転車に乗ったままで、発電して充電できる「ループチャージ」が搭載されています。この機能はブレーキをかけたときに充電されるシステム、長距離走行可能なオートモード、平地でも充電できるエコ充電モード……これらのシステムから成っています。

両輪駆動方式

両輪駆動方式は、パワフル、かつ安全な走行を実現する機能で、他のメーカーでも採用しているところが増えてきていますが、三洋電機の電動自転車の特長の1つでもあります。前輪がモーター、後輪がペダルを踏む力によって回転するので、こぎ出しがスムーズです。

基礎知識のカテゴリーへ
種類のカテゴリーへ
選び方のカテゴリーへ
人気メーカーのカテゴリーへ
Q&Aのカテゴリーへ