e-電動自転車
電動自転車

通常の電動自転車

通常の電動自転車といっても、通勤・通学だったり、毎日の買い物だったり、その使用目的は人によって異なります。ここでは、リーズナブルな価格で購入できる電動自転車も含めて、紹介していくことにしましょう。長く愛用できるシンプルなものを選んでみませんか。

シティサイクルとは

通常タイプの自転車と言うと、「シティサイクル」と言われるものを指すことが多いです。このシティサイクルは、普通の自転車だけでなく、電動自転車も含まれます。また、地方によっては「ママチャリ」とも呼ばれ、たくさんの人に親しまれています。

特徴

カゴ付き自転車

シティサイクルの大きな特徴としては、「カゴが付いている」「上体を起こして乗る」ことが挙げられるでしょう。カゴ付きなので、通勤・通学時や買い物の際の荷物を入れることができます。また、視界が高くなり、サドルにどっしりと座れるので楽ですが、ほとんどの体重がおしりに集中しているため、長時間座っていると痛くなってしまいます。 長時間乗ると疲れるというデメリットはあるものの、その実用性の高さから、普段使いの自転車として好まれています。

長距離向けタイプ

今、通勤・通学に電動自転車を利用する人が増えています。特に重宝するのが、長距離走行可能な電動自転車。長距離でも余裕で走れるタフネスモデルは、職場や学校が遠いビジネスマンやOL、学生の強い味方です!強力なアシスト力で、長距離走行もラクラク! もちろん、大きめのビジネスバッグや学生カバンがすっぽり入る大型のカゴも装備されています。この長距離向けタイプの電動自転車の多くには、長距離走行をサポートするために大きめのリチウムバッテリーが使われています。そのため、パワフルな走りが実現できるんですね。

バッテリーを長持ちさせるコツ

バッテリー

毎日決まった距離を走る通勤・通学時は、まだバッテリーが残っている状態で、再充電しなければならないことが多いです。こういった再充電の繰り返しを防ぐためには、できるだけ大きな容量のバッテリーを選び、道路状況や距離に応じて走行モードを切り替えることで、バッテリーが長持ちします。

低価格タイプ

今、環境にも優しくて、しかも楽に乗ることができる乗り物として自転車が注目され、密かなブームとなっています。そんな中、購入しやすい手頃な価格の電動自転車が、数多く登場しています。低価格の電動自転車と言うと、機能性やデザイン性が古いモデルなのでは?と思う人もいるでしょうが、ご心配なく!低価格の電動自転車とはいえ、機能性・デザイン性共に優れたものばかりです。これまで、電動自転車は高いから……と、購入をためらっていた人も、一度検討してみる良い機会かもしれません。

使用頻度が少ない人に

折りたたみ式自転車

週に1~2回、家の近くを一回りする程度の使用頻度であれば、低価格タイプのもので十分だと思います。また低価格の電動自転車には、コンパクトサイズも多いので、しまっておく期間が長くても邪魔になりません。


基礎知識のカテゴリーへ
種類のカテゴリーへ
選び方のカテゴリーへ
人気メーカーのカテゴリーへ
Q&Aのカテゴリーへ